生理前は食欲が増えやすい時期

 
生理の前は、通常の状態に比べて食欲が増えやすい状態となっています。ホルモンのバランスが乱れてくるために、食欲を抑えるホルモンなどの分泌が変わってきてしまうからです。 そのため生理前は食欲が増えやすい時期であるため、食生活には気をつけなければなりません。特に体が炭水化物の摂取への欲求が強くなることになります。

体が生理のストレスに対抗するために、ホルモンのバランスを整えようとします。その時に必要となるのが、糖なのです。そのため、炭水化物を多く摂取しようと体が動いてしまうのです。 炭水化物はご飯やパンなどの主食に多く含まれています。炭水化物はカロリーが高いために、食べ過ぎてしまうと肥満の原因になったり、生活習慣病の原因にもなります。

またお菓子などの甘いものにも炭水化物を多く含まれているので、甘いものが好きな方は気をつけなければなりません。 生理前はストレスが溜まりやすいので、食欲が出やすい時期です。そのため、普段から食事の量に気をつけるようにしましょう。

生理と食欲の増幅、減退

 
理前には、食欲が異常に増幅されて、食べたいという気持ちが抑えられず、ついつい食べ過ぎてしまう、という人も多いようです。このような状態を引き起こすのには、月経前の、ホルモンバランスが大きく影響していると言われています。生理になる2週間ほど前から、卵巣からは黄体ホルモンが多く分泌されるようになります。

このホルモンが、生理に必要な血液やエネルギーを補おうとして、栄養を補充しようとしたり、細胞に水分を溜めて、体内に脂肪を蓄積しようとするはたらきが強くなります。そのため生理前には、食欲が増えたり、体重が増えたりするのです。また、一方で、なかには、生理前に食欲が減退してしまう人もいます。

これもまた、生理前のホルモンバランスの影響によるものと言われます。また、子宮が骨盤の神経を圧迫して、お腹の張る感じや、不快感も合わさって、食欲が減退するということです。いずれの場合も、栄養バランスのとれた食事を心がけることが大切です。